クリスマス木登り会?

  • 2019.12.23 Monday
  • 23:08
小学生のクラス、合唱・リトミッククラスでクリスマス会をしました。

配ったお菓子をパクパク
持ち寄ったお菓子交換と楽しそう




落ちたけど、無事だったよ?


船長さんの命令ゲーム中



プレゼント交換はとっても楽しみ!








このあと、近くの公園へ向かいました
この公園は比較的低木で
木登りができるので、
みんなお猿さんになりたがります





高学年の子たちは自力で登れましたが、
小さい子たちは登れません



届く木見つけた!










楽しかったねー!
と喋りながら帰ります



どんぐりを探す子もいました








今年のレッスンはこの日でおしまい

来年もよろしくお願いします

おはじきの階段

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 23:44

ドレミを5線に置いて、実際の音と楽譜の一致のレッスンです。

おはじき1つずつ「ドード」を置かせているのですが、

今日、1年生の男の子がドレミにおはじきを重ね、おはじきの階段にして

ドレミの高さを見せてくれました。

 

いろんな子にこのシートとおはじきを使ってレッスンしているのですが、

どの子も1音にひとつずつ置きます。

 

こんな素敵なアイディアを出してくれたKくん。

 

レッスンしていてもあまりじっとしていられなくて、目線もいろいろなところへ動き、多動傾向のある子ですが、

積むのに不安定なおはじきをひとつずつ丁寧に積みました。

 

根気よく、最後までやり切って、、、、高いドまで積むとすぐ壊しましたが💦

指先の細かい運動が上手にできました。

 

 

 

 

愛されている子

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 22:30

発達凸凹のある子のレッスンで、毎回絵を描いていくれる子がいます。

 

○○のじいじ、お父さん、△△のばあば、××のおじさん、、、、と言いながら

その人によって色も決まっているようで、必ず同じ色で描きます。

 

じいじ、ばあば、、、までは

まあ、あるかなと思いますが、おじさんもでてくるのにはびっくりです。

 

この子の描く絵はいつも笑った顔の人の絵です。

見ているこちらも幸せになるような。

 

この絵を見ていると、

この子に関わっている人が、いつも笑顔で、

この子をとても愛しているんだろうなぁということがわかります。

 

そして、この子はおそらくその愛をちゃんと感じられているんだろうな。

 

きっと人物の特徴もすごく捉えている絵に違いない!

と思うので、いつかこの絵の中の方々にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅ζ本との違いに気づいたこと

  • 2019.11.25 Monday
  • 23:52

短い時間でしたがヘルシンキに7日間滞在して気がついたことがあったので、

記しておこうと思います。

 

私はツアーではなく全くの個人旅行で今回の旅行を計画しました。

なので、ヘルシンキではかなり自由にいろいろ動き回りました。

 

美術館は結構いっぱい回りました。

どこに行っても幼稚園児くらいから高校生くらいまでの団体が必ずいました。

はじめは遠足か何かか?と思っていたのですが、

どうやら授業をしているらしいということがわかってきました。

 

ヘルシンキの学校は普段の授業でも机の前に座って行う授業が実は少ないのではないか?

と思いました。

 

授業をしている、感じたのは美術館でした。

 

ある展示を小学生が思い思いに観覧していました。

しばらくすると子どもたちを集め床に座らせて、先生が話したり生徒が話したりしている様子を見ていたら、

これは授業では?と思ってきたので、展示ごとに集まって話す様子を観察してみました。

 

他にも中学生くらいの団体もいて、同じように展示を見ては座って話す姿が見られました。

言葉はわからないので何を話しているのかはわからなかったのですが、多分授業だな、と思えました。

 

ヘルシンキミュージックセンターで無料のオルガンコンサートを聴きに行った時に、

観客のほとんどが高校生くらいの学生で埋め尽くされていました。

 

オルガンの演奏が終わり、高校生以外の観客は多少はホールから出たのですが、

残ってられる方もいたので、まだあるのかな?と思い、

ホールから出るタイミングを失ったのでそのままそこにいましたら、まさに授業が始まったのです。

 

演奏者に曲や作曲者について(と思う)インタビューし、レクチャーが始まったのです。

言葉がわかったら面白かっただろうなぁ、と思いながら授業に参加してきました。

 

普段から学校の外へ出て、体験する授業をしているのではないか?と思いました。

 

 

また、日本と根本的に違うな、と感じたことがありました。

それは禁止という表示です。

 

ヘルシンキでは禁止という表示をあまり見かけませんでした。

 

例えば、OODIという世界一の図書館に選ばれた図書館では各階にカフェがあります。

そこでコーヒーをテイクアウトして、図書館の本を読むということや、もちろんランチを取りながら

本を読むということも普通にされていました。

 

日本では図書館は飲食持ち込み禁止ですよね。

 

ヘルシンキでは飲み物や食べ物を持ちながら本を読んでも、誰もなんにも言いません。

 

ベビーカーに赤ちゃんをのせたママが2人、図書館でずっと楽しそうに話をしている光景も見ました。

日本では図書館で話をしていたら注意されますよね。

 

ヘルシンキでは赤ちゃんをあやしながら図書館でずっと話をしていても、誰もなんにも言いません。

 

図書館には小学生くらいの子どもたちが団体で来ていました。

子どもたちは適当に走り回ったりしている子もいて、楽しそうな声も出ています。

スロープになっているところが楽しくて上り下りいている子もいました。

 

日本では学校から行った図書館で走り回ったら先生にめちゃくちゃ怒られますよね。

 

スロープの上り下りも人が多くなってきたらやめて、

少なくなったらまた遊んでということをしていました。

走り回っている子も、今の状況でどれくらい騒いだら迷惑か、

どの程度まで大丈夫か、ということをわきまえているように感じました。

 

それは図書館だけでなく、美術館や音楽ホール、地下鉄でも。

 

社会に出て授業をすることで、

そこでどんな行動をすれば良いのかを常に学んでいるような感じがしました。

 

禁止という表示がないと、子どもたちは常に考えることになります。

禁止という表示があると、考えることをやめてしまう。だって表示に従っていればいいだけですから。

 

たった7日間でしたが、とてもとても良い収穫がありました。

 

また必ず行きたい!ヘルシンキ。

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅ゥ◆璽箸米々2

  • 2019.11.25 Monday
  • 23:22

フィンランドに行ってムーミンもマリメッコもなし?

いえいえ、トーベ・ヤンソンの陶板画を観てきました。

そこにちっちゃくムーミンいましたよ。

真ん中の女性がトーベ・ヤンソンのパートナーだそうです。

同性愛者だったって、初めて知りました。

 

小児科病院の検査室に向かう階段に描かれたトーベヤンソンの絵の再現。

嫌な検査を受けに行く時、絵を追いかけて自然と足が向くようにという依頼だったそうです。

 

 

 

OODI図書館には1階はエントランスとカフェ、2階には作業場や音楽スタジオ、

ゲームソフトがあって、ゲームができる部屋、もちろん会議室などもありました。

 

びっくりしたのは、↓ローランドDGの大型プリンター!!

浜松の企業やん!!

 

3Dプリンターも借りることができます。

ミシンやアイロンもあって、生地を広げられる大きな台もありました。

お昼寝ができそうな階段状のスペース。クッションも置いてあったり。なんて自由な図書館。

 

 

 

ヘルシンキミュージックセンターには2層になったガラス張りのホールが。

2層の空間が結構空いているので中の音は全く聞こえないのです。

ガラスに反射して写真を撮ってもうまく写らないので諦めましたが、とっても立派なホールでした。

 

ミュージックセンターはシベリウスアカデミーの施設でもあり、

ヘルシンキフィルハーモニーの施設でもあります。

ミュージックセンターの「オルガノ」というホールで無料のオルガンコンサートがあったので

出かけて行ってみました。

 

このホールには合計3台のパイプオルガンが設置されていました。

 

 

ARABIAの工場にも行ってみました。

 

デザイン美術館で見つけた、

確か ARABIAのデザイナーが作ったガラス工芸の作品?だったような・・・💦

これは ARABIAのホーロー鍋。

なんかうちの実家にも昔あったような・・・

 

 

 

おまけ

ストックマンというデパ地下に近日オープンの日本食店の広告が。

デパ地下にはすでに日本食のお店が2店舗ありました。

日本食ってヘルシー志向の海外の人に人気なのですね。

 

いろんな美術館に行きまくりましたが、今回はヘルシンキカードというカードを購入したので、

ほとんど無料で入場することができました。

3日分を購入したので、3日分のトラムなどの乗り物も含まれました。

私が行った季節では大きな特典の時期がずれていたのですが、

夏のヘルシンキではすごくお得なカードかもしれません。

特に美術館巡りをしたい人にはおすすめです。

 

フィンランド・ヘルシンキの旅ぅ◆璽箸米々1

  • 2019.11.25 Monday
  • 00:25

フィンランドに行こうと決めて、まず最初に考えたのが美術館めぐり。

フィンランドはモダンアートがたくさんあるので結構楽しみにしていました。

 

建物は歴史的な建物もとても素敵ですが、現代建築もとても面白い建物が多いです。

 

   

ロシア正教会とアパートメント近所の建物。この地区は歴史的な建物が多かったです。

 

  

石畳の工事。一旦剥がしてまた作り直すようですが、大変だなぁ。

横断歩道も石畳になっています。

 

石の教会。岩盤をくり抜いたものだそうです屋根は透明なので陽が降り注ぎます。

カンッピにある教会。現代アートな教会。

窓が全くないので、中はとても静で、椅子はもちろんあるのですが、

大きなクッションが置いてあったりして、思い思いに座ることができます。

 

 

   

要塞スオメンリンナで見つけたトイレ。サビサビなので、何かの遺留品かと思っていたら、

 

こんなデザインの超近代的なトイレでした。

 

これはヘルシンキの街中で見つけた公衆トイレ

世界遺産のスオメンリンナはのんびりした島でした。

 

スオメンリンナでピクニック日和。この景色もアートだったなぁ。

 

  

デザイン美術館の階段とデザイン美術館外観。

おしゃれな手すり。

 

デザイン美術館の地下にはワークショップができる場所があり、用具なども揃っていました。

 

 

誰でもデザインを書いて貼れるスペースに、こんなかわいい絵がありました。

 

  

この地下も美術館。カンッピにありました。入ったらこんな風になってました。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM