子どもが成長するとき

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 11:51

先日、浜松西部地区の吹奏楽アンサンブルコンテストが行われ、

私のリトミックの生徒であり、以前から知っている友人のお子さんである

中学1年生女子がエントリーした。

 

12月に入ってすぐ学内選抜というのがあるようで、全員が出られるわけではなさそうだった。

その学内選抜前にリズムが難しいので曲を見て欲しいと言われ、レッスンにきていたのである。

 

彼女は打楽器で、楽譜を見せてもらうと変拍子のオンパレード!

しかも裏打ちのリズムの箇所も多く、シンコペーションやら、ヘミオラ、アンイコールビートなどなど

リトミックでベテランクラスのレッスンができそうな難曲だった。

 

学校にはその難曲を指導できる先生もおらず、

音源だけでほぼ自分で譜読みしてきたのである。

 

それだけでもすごいのだが、なんとその学内選抜に合格し

アンサンブルコンテストの地区大会にエントリーが決まったのである。

学内選考はヤマハの吹奏楽関係者に審査してもらったようで、

打楽器が一番良かったとの評価を得たそうである。

 

先輩に混じって、中1で。

決まったときはきっとすごく嬉しかったろうけれど、

プレッシャーも凄かったろうなぁ、と思う。

しかもコンテストまで1ヶ月なくて、1曲は短いが3曲もある。

 

そしていよいよコンテスト当日。

私も聴きに。


各学校、舞台に楽器を素早く並べ演奏が始まっていく。

いろんな学校が演奏する中、彼女たちは午前最後の出番。

 

打楽器のアンサンブルコンテストはいろんな楽器を一人でたくさん演奏するようだ。

 

他の楽器のアンサンブルは見る機会もあったが、

打楽器のアンサンブルを初めて見た私の方がとても緊張してきた。

 

曲中でバチを持ち替え移動して別の楽器を演奏したり、

2つの楽器をいっぺんに演奏したりそれは忙しそうである。

 

いよいよ彼女たちの学校の出番がきて、演奏が始まる。

 

彼女は体も小さくて、制服を着ていないと小学校4年生くらいに見える。

その子があっちこっち移動して、

バチを持ち替え、左右別の楽器を鳴らしながら先輩たちに混じって立派に演奏している。

 

途中、テーマに戻る部分のところでハプニングがあった。

前の楽器から急いで戻ったメロディー担当の楽器のところで、

演奏箇所を見失った。

メロディーが消えてしまったのである。

 

こちらから見ていると、おそらく光の加減で楽器が反射して、

見えにくく、出だしの位置判断ができなかったように見えた。

 

1曲め終盤だった。

 

彼女は、とても冷静だった。気持ちを取り戻して、メロディーの途中から入り、

そのまま2曲め、3曲めともにきちんと最後まで演奏した。

 

彼女は次女で、長女も教えている私にとって、

下の子だからいつまでも小さい子というイメージがある。

ましてや、ご両親のことを彼女らが生まれる以前から知っているので、

もはや姪くらいの感覚である。

 

その子が今回の舞台で、とてもとても大きく見えた。

ミスしても、動揺せず(本心は動揺していただろうけど、少なくとも続く演奏には支障なく)

最後までやり通した姿に、

短期間で努力した時間と、人間として成長できる時間があったのだろうな、と感じた。

 

私が知っているいつもの彼女なら動揺して、次に影響していたと思う。

実際、彼女が他所で習っているピアノ教室の発表会で、演奏途中で止まってしまい、

しばし無音ののち後ろにいる先生を振り返ったそうだ。

 

もし、これが中1の私だったら、あの後の演奏は絶対ボロボロだったと思う。

私が中1だった頃のことを考えると、そんな精神力もなかったし、

それだけの努力もしなかったと思う。

 

それをきちんとやりこなした彼女は、これからもいろんなことを乗り越えて

頑張っていける力を得たのだろうな、と思う。

 

交流レッスン始まります

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 16:29

ピッコロクラスとグレードクラスのレッスン内で

交流するレッスンを始めます

交流の目的は

親子分離をスムーズにすること

発達凸凹のある子どもに

できるだけたくさんの子どもとかかわらせること

社会性を学ばせること

子どもの中で成長をさせること

この考えは以前から合唱クラスにはありますが、

今までの幼児リトミッククラスには、ある程度の成長過程で分けてきました

それは子どもが小さいから、負担のないようにという理由でした

今回このように踏み切ったのは

私の中で、ずいぶんいろんな経験が生きてきており

幼児でもやれる、という自信がついてきたからです

交流レッスンが始まることによって

今まで、この時期ではレッスン内容が進みすぎていて受け入れられなかった

グレードクラスの新規受け入れが可能となりました

ピッコロクラスと一緒にレッスンをすることによって、

リトミックの基礎の基礎をやれる時間ができるからです

ピッコロ、グレードとも体験レッスン可能です

http://kitaichimuse.com/news/ニュースタイトル/

合唱コンクール

  • 2017.10.26 Thursday
  • 00:44
今日は2歳?3歳?あたりから教えている
同じ中学3年2人の学校の合唱コンクールを観に行きました。

1人は男の子で、
親子リトミックから幼児リトミック、
ピアノ個人レッスン、合唱・リトミックと
フルコースでここまで来てくれた子。

もう1人は女の子で、親子リトミックのあとブランクがあったものの、
合唱・リトミックに来てくれている子。
この子は市のジュニアクワイヤにも所属しながら、
教室の合唱・リトミッククラスにもずっと来てくれています。

男の子の方は、小学校の時から学校で合唱があれば伴奏を必ず頼まれてきた子。
今回は中3なので最後だし本人は歌いたかったようですが、
伴奏は最初から決まっていたようなものでしょう。
ブツブツ言いながらも難しい曲をレッスンして弾きこなしました。


さて、本番。
嫌がるので本人には内緒で聴きにいきました。

場所はアクトシティ大ホールで、
大ホールは4階まである結構大きいホールです。
フルコンサートピアノとはいえ、中学生で
しかもピアノの専門家になろうとしている子ばかりではない演奏が
上の階まで音が届くのか心配しました。

1クラス間に合わなかったのですが
他の中学3年生の演奏はすべて聞かせていただきました。

ピアノの音はやはり3階席の保護者席までは上がって来ません。
すごくモゴモゴとした音で聞こえてきます。
そうでしょう、とも思いますが
私の生徒はきっと音が届くに違いない!
と祈るような気持ちで彼のクラスが始まるのを待ちます。


途中で女の子の方のクラスの演奏がありました。

親バカ、先生バカかもしれませんが、
彼女の声が3階まで聞こえた〜!と嬉しくなりました。


そしてピアノ伴奏の男の子のクラスです。
合唱曲「信じる」はピアノの綺麗なフレーズがはじめにあり
何度もそのフレーズがピアノソロで出てくる印象的な曲です。

ピアノがはじまって、澄んだ音がホールに響きます。

いい音だなー、合唱もよく聞いて弾いてるし、
何より暗譜!
難しい曲をよく暗譜したよなあ、と思いながら聴きました。

私的には(私の生徒だから)彼のピアノの音はもちろん好きな音だし、
音の抜けも抜群だったし

とても素敵な伴奏でした。


本当に先生バカだなぁとつくづく思いますが、

うちの生徒はすごいよー、すごいんだよー
と声に出して言いたいくらいでした(^^;;



子どもたちの学校での活躍に嬉しくなって
オークラベーカリーで季節限定のモンブラン買って帰りました。


うちに帰ると、
女の子の方のお母さんから、
(私が行っていたことは知らせてないので)
今日の合唱コンが素晴らしかった、
と報告メールが届いたり、
男の子の方はこれから受験にもかかわらず、
11月からピアノレッスンに毎週行くと言ってくれて、
今日は家に帰ってから夢中になって何時間もピアノを弾いていたそうです。


いろんなことが嬉しい日でした。

リリーの公民館まつり

  • 2017.10.22 Sunday
  • 13:19
今日は台風が徐々に近づいてきている中、
リリーアンサンブルの公民館まつりの発表でした。

午前いちばんの出番でしたが、すでに大雨。
お客さんも少なめでしたが、無事演奏終了しました。


リリーアンサンブルは小中学校の同級生で結成されている5人組で、
今年満年齢で喜寿です。

私が指導させて頂いて20年近く、
びっくりするくらい変わらずお元気で、
5人とも1週間のスケジュールがびっしり。

はじめは自分が演奏することでいっぱいいっぱいで
「アンサンブル」からは程遠く、ずれたまま平気で曲が進んでいくこともしばしばでした。

そんなリリーの5人にリトミックをとりいれて音楽を聴く耳を作り、
リズム感を養っていくと徐々にアンサンブルになっていきました。



今年はメンバーの娘さんが来てくださり、
舞台をとてもいい笑顔で見ておられたのが印象的でした。



台風が来る前に帰路にもつけて、演奏もまずまず。
また来年も5人元気に舞台に立てますように!

ピアノコンクール2017

  • 2017.08.25 Friday
  • 18:49

夏休みはピアノコンクール目白押しです。

 

教室からも小学校2年生2人、6年生1人の3人がグレンツェンピアノコンクールにチャレンジしました。

 

このコンクールは地元の音響の良い一流のホールで、コンサートグランドが弾けることと、

曲が短く、難しすぎないこと、学年の枠を超えられないことが良い特徴だと思っています。

 

浜松市では浜松国際ピアノコンクールの会場にもなるアクトシティ浜松中ホールで行われましたので、

とても響きの良い素敵なホールです。

 

 

コンクールといってもハードルの高いものから比較的気軽に受けれるものまで様々です。

教室では子どもの様子を見てどのようなものにチャレンジさせれば良いのかを判断します。

 

コンクールの目的としては結果を求めてはいません。

 

結果ではないのであれば、何が目的かというと・・・

今回のコンクールは課題曲各学年2曲のうち1曲選択なので、同じ曲がまとめられてずーっと演奏されます。

いろんな弾き方があることが比較でき、あまり音楽に詳しくなくても違いがわかります。

自分が一生懸命練習した弾き方が全てではない、ということが学べます。

 

課題がそんなに難しくなくてもやはりコンクールなので、どなたもよく練習しています。

なので、練習しないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

音楽を学ぶ上で、決められた期間で曲を仕上げ、人に聞かせられる演奏をする、ということはとても大切な課題です。

 

舞台のマナーを学ぶということも大切な目的です。これは今回のコンクールの概要にも記載されています。

 

短い時間で、自分をアピール(演奏)すること、そのために準備(練習)をしなくてはいけないということは、

今後子どもたちが大人になった時にも必ず役立ちます。

 

 

一人は残念ながら本番で少し間違えてしまったので賞からは外れてしまいましたが、

とてもよく頑張った子でした。

 

 

結果は後からついてくるおまけのようなもの。

 

 

 

 

 

 

幼稚園でリトミック

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 23:18
先日は幼稚園でリトミックでした。


場所は天竜区下阿多古幼稚園。
天竜二俣からまだ奥へ入っていきます。

この日は大雨で、
私の住む浜松市中区の遠州南は
朝から大雨警報。
なんと避難準備情報まで出ていました。

何はともあれ、天竜区は遠州北なので
警報は出ておらず、
大雨の中、えっちらおっちらと
車で天竜の山の中へと入っていきます。



幼稚園は清流で知られる
阿多古川のほとりにある
長閑な幼稚園です。

あまりの大雨で、清流も、長閑な風景も
写真に収める余裕はなく(^_^;)


子どもたちが待っている幼稚園に到着。

以前にもご依頼頂いた、
下阿多古地区の未就園親子、
ひよこ学級からの依頼です。

幼稚園児と未就園の親子と
園の先生も合わせて
全員で20名程度です。

天井の高いホールで
みんなでリトミック。

0歳からの5歳児までと
年齢に開きがあるので、
それぞれの年齢で楽しめるように
考えました。

子どもたちはとても元気で、
楽しく参加してくれ、
先生方も音楽の合図に翻弄され、
ホールに笑い声が響きます。






外は大雨でしたが、
園の中は楽しい時間が流れました。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM