ピアノコンクール2017

  • 2017.08.25 Friday
  • 18:49

夏休みはピアノコンクール目白押しです。

 

教室からも小学校2年生2人、6年生1人の3人がグレンツェンピアノコンクールにチャレンジしました。

 

このコンクールは地元の音響の良い一流のホールで、コンサートグランドが弾けることと、

曲が短く、難しすぎないこと、学年の枠を超えられないことが良い特徴だと思っています。

 

浜松市では浜松国際ピアノコンクールの会場にもなるアクトシティ浜松中ホールで行われましたので、

とても響きの良い素敵なホールです。

 

 

コンクールといってもハードルの高いものから比較的気軽に受けれるものまで様々です。

教室では子どもの様子を見てどのようなものにチャレンジさせれば良いのかを判断します。

 

コンクールの目的としては結果を求めてはいません。

 

結果ではないのであれば、何が目的かというと・・・

今回のコンクールは課題曲各学年2曲のうち1曲選択なので、同じ曲がまとめられてずーっと演奏されます。

いろんな弾き方があることが比較でき、あまり音楽に詳しくなくても違いがわかります。

自分が一生懸命練習した弾き方が全てではない、ということが学べます。

 

課題がそんなに難しくなくてもやはりコンクールなので、どなたもよく練習しています。

なので、練習しないと恥ずかしい思いをしてしまいます。

音楽を学ぶ上で、決められた期間で曲を仕上げ、人に聞かせられる演奏をする、ということはとても大切な課題です。

 

舞台のマナーを学ぶということも大切な目的です。これは今回のコンクールの概要にも記載されています。

 

短い時間で、自分をアピール(演奏)すること、そのために準備(練習)をしなくてはいけないということは、

今後子どもたちが大人になった時にも必ず役立ちます。

 

 

一人は残念ながら本番で少し間違えてしまったので賞からは外れてしまいましたが、

とてもよく頑張った子でした。

 

 

結果は後からついてくるおまけのようなもの。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM