影響を与える、受けることの平等

  • 2016.12.04 Sunday
  • 01:30

土曜日午前の合唱・リトミッククラスは、レッスンの合間にお茶休憩がある。

 

普段は40分リトミック、1時間合唱のレッスンなのだが、

今月は本番が近いので、合唱レッスンだけになり、

レッスン時間も2時間あるので、お茶にプラスしてお菓子をあげることにしている。

 

お茶が欲しい人は、高学年の子がこぼさないようにコップに入れてくれるので、

並びに行って、入れてもらう。

自分で持ってきている子は自分のお茶を飲んだりしながら。

 

女の子たちは、お茶会、とか言いながら、お茶とお菓子をもって

丸くなって食べている子たちもいたり、

 

アシスタントの先生の、ちかよ先生のところへ行っておしゃべりしたり。

 

思い思いの休憩の時間。

 

 

お菓子を取りにきた3年生男子、Tくん。

ちかよ先生の分も持っていってね、というと、ちかよ先生にお菓子を持って行ってくれた。

 

彼はちかよ先生が大好きなので、ちかよ先生とお菓子を食べ始めていたら・・・

すっくと立ち上がり、お茶を取りに。

 

手には2つのコップを、こぼさないように運んでいる。

ちかよ先生にちゃんとお茶を運んでくれているのである。

 

「Tくん、気が利くねぇ」と私がいうと、

ちかよ先生が、「毎回持ってきてくれますよ」と教えてくれた。

 

すると、また立ち上がり、またお茶を貰いに行き、今度は私にも持ってきてくれた。

 

ほんとうによく気が利く子です。

 

思わず「すごいねぇTくん、気が利くっていうのはこういう事を言うんだよ、みんなも見習ってよー!」

と言うと、

憎まれ口をたたく子もいて、「えーっ?ゆみ先生のはやらなーい」とか言ってたりもする。

 

はいはい、こういう子も、好き。

 

Tくんはダウン症の障がいがある。

 

言葉もはっきりしないことがあるが、子どもたちはTくんがいて当たり前の環境で

ずっとレッスンを受けている。

合唱していても、大好きな歌で歌えるところだけ大声で調子はずれに歌う。

ほかの子どもたちは、くすっと笑うこともあるが、特に気にしていない。

あまり激しいと、外れっぷりにウケたりして大笑いするときもあったり。

 

決して邪魔だとか、嫌だとかではなく、

大笑いした方も、大笑いされたTくんも、ウケたことが楽しくて、

お互いとても楽しそうである。

 

先日、

「健常の子どもと、障がいを持った子どもが一緒にいることにメリットを感じない」

というように考えている学校教師がいるという話を聞いた。

 

どんな状態の子からも、必ず学びってありませんか?

Tくんのように、自分にとって利益があるかどうかということなんて考えないで、

お茶を持って行ってあげよう、っていうのはその人に対する優しさや、好きって気持ちじゃないですか。

 

その優しさを見て、ほかの子どもたちが何を思ったか。

 

子どもそれぞれの受け取り方があったに違いありません。

自分の思いに素直になろうって考えた子もいるかもしれません。

面倒くさいなぁって思った子もいるかもしれません。

 

それぞれ、思う事があっていいと思う。

 

お互いに影響を受けたり、与えたり。

それは、どの子にも平等に訪れるし、そこには障がいの有無はもちろん関係ありません。

私の目指すところは、こういう教育であり、こういう社会を私の周りから作っていく。

 

私が生きている間には、私の手の届く範囲でしかできないかもしれないし、

世界を変えることは難しいけれど、大きなもののほんの一端は担えるかもしれないから、

できることはやっていこう、と改めて考えさせてくれた出来事だった。

2016.12.4blog.jpg

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM