笑ってくれた!

  • 2016.06.28 Tuesday
  • 12:20

毎週月曜午前中は中区の、はぐみな保育園でのリトミックレッスンです。

 

リトミックは、1才《ふたば》 2才《はっぱ》 3才〜《ことり》

の3クラスをレッスンしています。

 

《はっぱ》のクラスでは、保育園の隣にある多機能型事業所「むく」の

発達がゆっくりな子どもたちも、リトミックに参加してくれています。

 

最初、私に対して距離のあった「むく」の子どもたちも、最近はリラックスして、

自分のペースで参加してくれています。

 

いつもニコニコしていて、音楽にあわせてずーっと動いてくれる男の子は、

ときどきそーっとピアノに近寄ってきて、そーっと鍵盤を鳴らします。

 

音楽にあわせて、大きな動きを絶えずしてくれているので、頭にいっぱい汗をかいて。

 

 

ほとんど声を発しない女の子は、レッスン中ずーっと私を大きな瞳で見つめてくれています。

表情も乏しいのですが、[あっ、今、この子笑ってる!]というのが私にも分かるようになってきました。

 

その女の子は、レッスンが終わったら必ず私の手を何回か握りに来てくれます。

 

そんな中で、ずっと泣いていてレッスンにはいれない女の子がいました。

毎回、入口のテラスの窓際で「むく」の先生についてもらっているのですが、

泣いて泣いてどうしようもないのです。

 

ところが、今日レッスンに参加してくれたのです!

とても楽しそうに、音楽にあわせて体を動かしてくれているのです。

 

しかもとても素敵な笑顔で!!

 

もう、めちゃくちゃ嬉しいですよ!!!

 

スカーフを使ったり、音楽に合わせて歩いたり、動きはぎこちないのですが、

ずっと笑って参加しているのです。

 

ときどきピアノの近くに来て、ピアノをとても静かにそーっとさわります。

 

レッスンが終わって、帰り支度をしているその女の子と先生のところへ行って、

先生と話をしたとき、衝撃の事実が!

 

「泣いてたのは、ピアノの音が嫌いで・・・・」

 

えっ?

耳を疑いました。

 

本当に?・・・・

ごめんね、

でも今日は何で?

ピアノ弾きに来たよね?

 

その女の子にどんな変化があったのか、たまたま今日の機嫌なのか、

お天気が良かったからなのか、それはわかりません。

 

「むく」の先生もびっくりしたそうです。

 

でも今日はすごく素敵な笑顔で、音楽を楽しんでくれてました。

 

来週はひょっとしたらまた泣いているかもしれない。

でも、今日はとても音楽を楽しんでくれていた。

それは絶対そうだと思う。

 

来週また泣いていても、今日のこの笑顔を知ったから、

またきっと笑って参加してくれることがある、と思える力になりました。

 

今日の彼女の笑顔は、私にとってすごく幸せな時間でした。

 

ああ、いい一日だったなぁ。

 

2014-06-03 11.55.04.jpg

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM