フィンランド・ヘルシンキの旅ζ本との違いに気づいたこと

  • 2019.11.25 Monday
  • 23:52

短い時間でしたがヘルシンキに7日間滞在して気がついたことがあったので、

記しておこうと思います。

 

私はツアーではなく全くの個人旅行で今回の旅行を計画しました。

なので、ヘルシンキではかなり自由にいろいろ動き回りました。

 

美術館は結構いっぱい回りました。

どこに行っても幼稚園児くらいから高校生くらいまでの団体が必ずいました。

はじめは遠足か何かか?と思っていたのですが、

どうやら授業をしているらしいということがわかってきました。

 

ヘルシンキの学校は普段の授業でも机の前に座って行う授業が実は少ないのではないか?

と思いました。

 

授業をしている、感じたのは美術館でした。

 

ある展示を小学生が思い思いに観覧していました。

しばらくすると子どもたちを集め床に座らせて、先生が話したり生徒が話したりしている様子を見ていたら、

これは授業では?と思ってきたので、展示ごとに集まって話す様子を観察してみました。

 

他にも中学生くらいの団体もいて、同じように展示を見ては座って話す姿が見られました。

言葉はわからないので何を話しているのかはわからなかったのですが、多分授業だな、と思えました。

 

ヘルシンキミュージックセンターで無料のオルガンコンサートを聴きに行った時に、

観客のほとんどが高校生くらいの学生で埋め尽くされていました。

 

オルガンの演奏が終わり、高校生以外の観客は多少はホールから出たのですが、

残ってられる方もいたので、まだあるのかな?と思い、

ホールから出るタイミングを失ったのでそのままそこにいましたら、まさに授業が始まったのです。

 

演奏者に曲や作曲者について(と思う)インタビューし、レクチャーが始まったのです。

言葉がわかったら面白かっただろうなぁ、と思いながら授業に参加してきました。

 

普段から学校の外へ出て、体験する授業をしているのではないか?と思いました。

 

 

また、日本と根本的に違うな、と感じたことがありました。

それは禁止という表示です。

 

ヘルシンキでは禁止という表示をあまり見かけませんでした。

 

例えば、OODIという世界一の図書館に選ばれた図書館では各階にカフェがあります。

そこでコーヒーをテイクアウトして、図書館の本を読むということや、もちろんランチを取りながら

本を読むということも普通にされていました。

 

日本では図書館は飲食持ち込み禁止ですよね。

 

ヘルシンキでは飲み物や食べ物を持ちながら本を読んでも、誰もなんにも言いません。

 

ベビーカーに赤ちゃんをのせたママが2人、図書館でずっと楽しそうに話をしている光景も見ました。

日本では図書館で話をしていたら注意されますよね。

 

ヘルシンキでは赤ちゃんをあやしながら図書館でずっと話をしていても、誰もなんにも言いません。

 

図書館には小学生くらいの子どもたちが団体で来ていました。

子どもたちは適当に走り回ったりしている子もいて、楽しそうな声も出ています。

スロープになっているところが楽しくて上り下りいている子もいました。

 

日本では学校から行った図書館で走り回ったら先生にめちゃくちゃ怒られますよね。

 

スロープの上り下りも人が多くなってきたらやめて、

少なくなったらまた遊んでということをしていました。

走り回っている子も、今の状況でどれくらい騒いだら迷惑か、

どの程度まで大丈夫か、ということをわきまえているように感じました。

 

それは図書館だけでなく、美術館や音楽ホール、地下鉄でも。

 

社会に出て授業をすることで、

そこでどんな行動をすれば良いのかを常に学んでいるような感じがしました。

 

禁止という表示がないと、子どもたちは常に考えることになります。

禁止という表示があると、考えることをやめてしまう。だって表示に従っていればいいだけですから。

 

たった7日間でしたが、とてもとても良い収穫がありました。

 

また必ず行きたい!ヘルシンキ。

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅ゥ◆璽箸米々2

  • 2019.11.25 Monday
  • 23:22

フィンランドに行ってムーミンもマリメッコもなし?

いえいえ、トーベ・ヤンソンの陶板画を観てきました。

そこにちっちゃくムーミンいましたよ。

真ん中の女性がトーベ・ヤンソンのパートナーだそうです。

同性愛者だったって、初めて知りました。

 

小児科病院の検査室に向かう階段に描かれたトーベヤンソンの絵の再現。

嫌な検査を受けに行く時、絵を追いかけて自然と足が向くようにという依頼だったそうです。

 

 

 

OODI図書館には1階はエントランスとカフェ、2階には作業場や音楽スタジオ、

ゲームソフトがあって、ゲームができる部屋、もちろん会議室などもありました。

 

びっくりしたのは、↓ローランドDGの大型プリンター!!

浜松の企業やん!!

 

3Dプリンターも借りることができます。

ミシンやアイロンもあって、生地を広げられる大きな台もありました。

お昼寝ができそうな階段状のスペース。クッションも置いてあったり。なんて自由な図書館。

 

 

 

ヘルシンキミュージックセンターには2層になったガラス張りのホールが。

2層の空間が結構空いているので中の音は全く聞こえないのです。

ガラスに反射して写真を撮ってもうまく写らないので諦めましたが、とっても立派なホールでした。

 

ミュージックセンターはシベリウスアカデミーの施設でもあり、

ヘルシンキフィルハーモニーの施設でもあります。

ミュージックセンターの「オルガノ」というホールで無料のオルガンコンサートがあったので

出かけて行ってみました。

 

このホールには合計3台のパイプオルガンが設置されていました。

 

 

ARABIAの工場にも行ってみました。

 

デザイン美術館で見つけた、

確か ARABIAのデザイナーが作ったガラス工芸の作品?だったような・・・💦

これは ARABIAのホーロー鍋。

なんかうちの実家にも昔あったような・・・

 

 

 

おまけ

ストックマンというデパ地下に近日オープンの日本食店の広告が。

デパ地下にはすでに日本食のお店が2店舗ありました。

日本食ってヘルシー志向の海外の人に人気なのですね。

 

いろんな美術館に行きまくりましたが、今回はヘルシンキカードというカードを購入したので、

ほとんど無料で入場することができました。

3日分を購入したので、3日分のトラムなどの乗り物も含まれました。

私が行った季節では大きな特典の時期がずれていたのですが、

夏のヘルシンキではすごくお得なカードかもしれません。

特に美術館巡りをしたい人にはおすすめです。

 

フィンランド・ヘルシンキの旅ぅ◆璽箸米々1

  • 2019.11.25 Monday
  • 00:25

フィンランドに行こうと決めて、まず最初に考えたのが美術館めぐり。

フィンランドはモダンアートがたくさんあるので結構楽しみにしていました。

 

建物は歴史的な建物もとても素敵ですが、現代建築もとても面白い建物が多いです。

 

   

ロシア正教会とアパートメント近所の建物。この地区は歴史的な建物が多かったです。

 

  

石畳の工事。一旦剥がしてまた作り直すようですが、大変だなぁ。

横断歩道も石畳になっています。

 

石の教会。岩盤をくり抜いたものだそうです屋根は透明なので陽が降り注ぎます。

カンッピにある教会。現代アートな教会。

窓が全くないので、中はとても静で、椅子はもちろんあるのですが、

大きなクッションが置いてあったりして、思い思いに座ることができます。

 

 

   

要塞スオメンリンナで見つけたトイレ。サビサビなので、何かの遺留品かと思っていたら、

 

こんなデザインの超近代的なトイレでした。

 

これはヘルシンキの街中で見つけた公衆トイレ

世界遺産のスオメンリンナはのんびりした島でした。

 

スオメンリンナでピクニック日和。この景色もアートだったなぁ。

 

  

デザイン美術館の階段とデザイン美術館外観。

おしゃれな手すり。

 

デザイン美術館の地下にはワークショップができる場所があり、用具なども揃っていました。

 

 

誰でもデザインを書いて貼れるスペースに、こんなかわいい絵がありました。

 

  

この地下も美術館。カンッピにありました。入ったらこんな風になってました。

 

 

 

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅食べたもの、買い物事情

  • 2019.11.24 Sunday
  • 23:26

一人旅でキッチン付きのアパートメントだったので、食費節約のため

スーパーでお買い物して部屋で食べることが多かった旅です。

 

 

アパートメントすぐ近所にK-supermarketがあり、

初日は着いたのが夕方だったので、荷物を置いたらすぐに買い出しに行きました。

 

7日分のパンと、とりあえずこの日に食べるサラダとレンチンのサーモンスープ。

卵、ヨーグルト、チーズ、ハム。これだけあればとりあえず飢えは凌げる!!

このサーモンスープ結構いけました。具もたくさん入っていたし。

結構利用したのがスーパーの量り売りサラダ。

特に美味しかったのがサーモンの燻製。

ツナフレークの横にどこのスーパーの量り売りにも当たり前のように置いてあって、

めちゃくちゃおいしい!!

 

IKEAでお馴染み、スウェーデン料理の定番ミートボールも、

冷凍で売ってあったので買ってみました。

フィンランドではジャムで食べるのではなく、ホワイトソースで食べるらしい。

日本から持参したカップスープの素と冷凍野菜であえてみました。

 

これもまたサラダの量り売り。サーモンの燻製、ハマりました。

 

結構気に入って食べてたカレリアンピーラッカというパイ。

お土産にも買って帰りました。

 

 

港にあるオールドマーケットの中で食べたシーフードスープ。

パンが食べ放題。おいしい。スープは結構量が多く、

具がたくさんでお腹いっぱいになります。

 

オールドマーケットの中と外観。観光メインかなぁという感じでした。

  

いろんなスーパーやオールドマーケットで買い足して、アパートメントでこんな風に食べました。

 

 

  

シナモンロール。有名店EKBERGのシナモンロールは結構クセのある味でした。

 

何度か通ったEKBERGでのクロワッサンサンドイッチは美味しかった。

これはトラムの終点まで行った時に入ったカフェで食べたケーキ。

 

地下鉄、バス乗り場があるカンッピショッピングセンター。

 

 

カンッピショッピングセンターのスーパーにあるチーズ売り場の規模にビビった。

日本のコンビニ1軒分くらいあるチーズ売り場でした。

 

フィンランドは完全にカード社会で屋台でもカードが使えるというくらいでした。

試しに現金換えずにどこまでできるかチャレンジしようと思って、

ユーロ口座を作ってお金を入れて行き、全てデビットカードで決済していました。

ユーロ口座にはお金が入っているので、どうしても必要ならATMで引き出そうと思っていたのですが、

ATMを利用することもなく。

アパートメントの1ユーロの洗濯洗剤までカードで払えました。

普通のカード払いよりユーロ口座からのデビットカード払いの方が手数料も格段に安く済むのでおすすめです。

 

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅▲侫ンランドの乗り物

  • 2019.11.24 Sunday
  • 23:08

ヘルシンキ市内はトラム(路面電車)がたくさん走っていて、

バス、地下鉄、VR(国鉄)が地域によって乗り放題になっています。

 

シングルチケット(1回チケット)を買うと80分間有効で、地域内であれば乗り降り自由です。

シングルチケットで2.8ユーロでした。

 

私はモバイルチケットのアプリをダウンロードしておいたので、それでチケットを買うことができました。

デイチケット1日券は24時間有効なので、昼ごろ買ったら翌日の昼まで使えるのでとても便利でした。

1日券は8ユーロ。時間を気にせず乗り降りできます。

 

また日本のように改札はなく、チケットもモバイルの人がいたり、カードの人がいたり、

紙のチケットの人がいたりですが、基本利用する人のモラルに頼っているように感じました。

7日間結構乗り倒しましたが、検札にあったことは一度もなかったです。

(罰金などもあるようなので、ちゃんとチケットは買いましょう)

 

トラムはこんな感じ。

大きいベビーカーをそのまま載せられるように場所がとってあり、

犬連れ専用席があったり、いろんな人に優しい乗り物でした。

 

ショッピングセンターにある地下鉄の入り口。

こんなところもアートだなぁ。

 

地下鉄はきれいな赤色

 

要塞スオメンリンナ島へ行く船。

1日券で乗れます。

ヘルシンキ中央駅は遠距離の電車の発着駅で、

VR(国鉄)の駅です。

ここはヴァンター空港の駅。

 

 

誰でも借りれる自転車や電動スクーターがあります。

借り方がいまいちわからなかったので、今回は利用しませんでしたが、

夏に来たら借りてみたいなぁ。

 

あとは徒歩。

ヘルシンキの街は見所がコンパクトに集まっているので、

元気な人は徒歩でも行けるかな?

ただ、石畳の道は結構足にきます💦

 

 

おまけ

郵便配達の乗り物。

 

 

フィンランド・ヘルシンキの旅々圓海Δ隼廚辰燭っかけと泊まったアパートメントホテル

  • 2019.11.24 Sunday
  • 13:22

10月末のお休みにフィンランド・ヘルシンキ に行ってきました。

 

日本人がフィンランドといえばムーミン?マリメッコ?

どちらにもさほど興味がなく、今回目的は特になく行ってしまいました。

 

旅行は普段あまり休みをとっていない私の息抜きの一つとして、

最近は年に2−3回の一人旅をしています。

 

さて、フィンランドに行こう、となぜ思ったのか?

ずばりSNSのフィンエアの広告です。

(SNS広告の思うツボにどハマり)

 

私の一人旅の目的は「いつもと違う環境に自分を置き、違う生活をし、心身共にリフレッシュする」

という目的があるため、旅行に行って気を遣うことはしたくないのです。

 

なので、海外=危険なので気を遣う、というイメージがあり

今まで海外に一人旅をしようと考えたことはなかったのです。

 

ところが、フィンエアのSNS広告にすっかりヤられてしまった超凡人な私は

フィンランドかぁ、行ってみたいな、と思い考え始めたら、10月末に休みがあるじゃん!!と。

 

行きたくて行きたくてたまらなくなりました。

 

今回は一人旅海外なので、荷物の移動をしなくて良いようにヘルシンキに7泊して、

そこで何しようかなぁと調べる毎日。

いつも旅行行程を考えるこの時間がたまらなく楽しい!

 

キッチン付きのアパートメントを借りて8日間のヘルシンキを楽しむことにしました。

 

私が滞在したアパートメント。港の方で、カタヤノッカという住宅地区。

トラム(路面電車)の乗り場もアパートを出て1分くらいのところにあり、

静かでとても便利でした。

 

部屋は4階で、キッチン、バスルーム、ベッドルーム、リビング、小さめのバルコニー、

というとても贅沢な空間なのに、物価の高いヘルシンキでは、

ホテルに泊まるより安いという💦

開戸と蛇腹の中扉を開けて箱に乗り込み、自分で閉めて行きたい階のボタンを押す。

昇降以外は全て手動という古いエレベータはなかなかスリルがありました。

 

また、このアパートメントにはプライベートサウナがあるという部屋もあり、

さすがフィンランド!と思いました。

 

私の部屋にサウナはありませんでしたが、建物の1階に供用のサウナがあり、

1時間ごとの貸し切りになっていました。

ロウリュのサウナで、滞在中2回利用しました。

 

部屋に洗濯機はなかったのですが、やはり共用のランドリールームがあり無料で使えました。

洗剤は1ユーロで1回分の洗剤が買えたので、日本から持っていかなくてもOKでした。

 

 

 

 

旅立ち

  • 2018.03.22 Thursday
  • 17:09
2才、3才、4才の頃からレッスンに来てくれていた子たちが
高校入試を終え、この春から高校生になります。

中学に入学する時に
やめてしまう子がほとんどなのですが、
ずっと続けてくれている子は
これからもまだ続けたいと言ってくれたりもしています。

人数が多い学年だったので、いろんな子がいました。

その同期で特に仲が良かった3人の男子たち。

全員第一希望の学校に決まり、それぞれ報告をしてくれました。

その中の1人の子が、お家の事情で浜松を離れることになり、
兵庫県へ引越しをします。

引越し前できっとバタバタのところ
今日、わざわざ挨拶に来てくれました。

知らない土地での受験は、土地勘も全くないところで不安だったでしょうに。

小さい頃から、決して器用ではなく、
色々心配も多い子でしたが、

久しぶりに会って話していると
変わってないところもあったり、
着実に努力を重ねていける人になっていることがよくわかりました。

この子の成長過程では、
私の知る限り壁の多い子だったけれど、
その壁をちゃんと自分の力で超えていっているから、心配ないなぁ、
と思いながら話しました。


実は浜松での中学卒業式の真っ最中に
兵庫県の公立合格発表があったらしく、
学内では最後の1人の合格発表となったようです。


合格がわからないままの卒業式も
不安だったろうけど
本当によく頑張ったね!!

彼がこれから素敵な人生を送れますように、
と願いながらお別れしました。

またいつか必ず会いたいなぁ。。。

村上慧さんの絵

  • 2016.09.19 Monday
  • 22:08
春に瀬戸内芸術祭に行ったとき、ご自身が作品として小豆島にいらした村上慧さん。
ご本人はとてもユニークな方であり、発想がたのしくて、何より村上さんの描く絵のタッチに釘付けになりました。


松本まで個展を観にいき、そこで購入した絵がうちにきました。










一目惚れ的な感じで購入したのですが、改めて見てると、やっぱりこれが良かった、と思える絵です。

玄関入って右の壁の低い位置に飾ってあります。

子どもたちの目線でちょうど良い感じにして。






今日もレッスンに来た子がジーッと見入っていました。


村上さんの絵をご覧になりたい方はぜひおいでください。

平日夕方はほぼレッスンしているので、あいています。
一言、絵を見に来ました、とお声かけいただければ結構です。

ボディテクニックのレッスン

  • 2016.02.18 Thursday
  • 00:59
ボディテクニックのレッスンを受けてきました。

講師はダンサーの楠原竜也先生。
物腰が柔らかく、優しい笑顔の(若い!)先生です。

今回で2回目のレッスンでしたが、今日は自分の体のほぐし方と、普段意識しないところをたくさん意識して動かすことで、むきあい方がわかった気がします。

1時間半のレッスンが終わった途端、体は重力を物凄く感じ、意識は感覚が物凄く開いていて、頭と体が別々なものをくっつけてきたように感じました。

体を使う、ということはこういうことか!と、感覚的ですが、わかった気がしました。

来月はどうやらこれを屋外でやるらしい、、、
空間を感じて動くように、とすごく言われていたので、屋外だとどうなるんだろう?



1回目1月のレッスンも、2回目の今回のレッスンも名古屋の公共施設を借りてのレッスンでした。
前回は芸術創造センター、今回は栄のナディアパーク内の施設。
名古屋の公共施設は芸術文化活動を市民レベルでするのに、やりやすいようになっているなあ、といつも感じます。
文化レベルの高い街だということがよくわかります。
羨ましいですねぇ、、、


プラスティックアニメ発表会のお知らせ

  • 2016.01.04 Monday
  • 18:40
私が通っている、
名古屋音楽学校特設科リトミック指導者養成コースの発表会が行われます。

プラスティックアニメという音楽を視覚化するリトミックの科目を発表します。

とき:2016年1月10日(日) 
         14時半開演 観覧無料

ところ:名古屋市千種文化小劇場
            (地下鉄桜通線 吹上駅下車7番出口より北へ3分)

小さい子どもの発表から、大人のクラスはライセンスレベルのプラスティックアニメもあり、
とても見ごたえがあります。

興味のある方はぜひお出かけください。

※写真は昨年の発表です
plastic anime.jpg



 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

おすすめ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM